会計帳簿が汚いと、後でとても苦労することを私たちは知っています。

帳簿なんて税務調査の為だけに作るものなんて思ってしまいがちですが、実は毎日の仕事をしていく上でもとても役に立つのです。例えば、Aという取引先に売掛金がいくら残っていたかなんて、帳簿がきれいなら、すぐにわかります。

また、2か月前のBさんに払った給料の金額だって一発です。Cさんにいつ、いくら払ってて、後、いくら残ってたっけ?何てのもすぐにわかります。

帳簿というから、ひもで綴じた紙の分厚い束をなんとなく思い浮かべてしまいますが、今はコンピューターの時代です。データの検索がすごく簡単になっています。整理整頓された帳簿には沢山の情報が詰まっています。これをただの昔の記録にしないで、毎日の活動に活かせれば便利なこと間違いないです。会計版のエバーノートの様なものを想像していただければ、わかりやすいのではないでしょうか。

iPhoneの専用アプリでレシートの写真を撮ってアップロードすると、写真は自動的に事務所のサーバーに保存されます。 私たち専門のスタッフがレシートから会計仕訳をシステムに入力します。消費税のデータも正しく入ります。

正直に言うと、私も自分の会計事務所の帳簿をつけるのは苦手でした。忙しい、忙しいなどとい言いながら、 一年の終わりにまとめて「えいやっ」でやっていました。でも、それだとクオリティが低くいし、普段からつけていないので、必要な時にほとんど役に立たないのです。私にとって世界が変わったのは、 帳簿を自分でつけないで、事務所の中でやっと人にお願いできるようになった時です。帳簿が一気にきれいになりました。誰にいくら請求してて、いくら残っているかもすぐわかるようになりました。

私にとって、この事は結構新鮮な驚きでした。自分でやってなかなか出来ない事でも、人にお願いすると見違えるほど良く出来てしまったりするのです。

帳簿は自分でつけられる人はいいのですが、自分でビジネスをやっている人はやっぱり本業に力を注いで、帳簿は人に任せるのがお勧めです。断然、帳簿がきれいになります。

本当は、経費だけではなく、 売上や、給与、 銀行残高もきちんと合わせることが重要です。そうでないと、自分の仕事がどれくらい利益が出ているのかわかりません。また、銀行を合わせないと、結局、取引の入力が色々漏れるのであんまり帳簿の意味がありません。この辺は、 記帳代行を使って(私たちのような会計事務所などの)外部に出して誰かにやってもらうのがいいように思います。

料金は1か月ごとの請求です。100枚まで8,000円、以後は25枚につき2,000円です。

ダウンロードはこちらから

お客様は、入力された会計データをネット上でいつでも確認することが出来ます。www.minatoacc.com/tanabata

でもそれだけでは、実はちょっと物足りなくて、今あれどうなってるんだっけ?と聞けるようなの状態がベストです。言わば、経理の人が外にいるような状況です。これなら、いつでも電話で、Aというお客さんの売掛金はいくら残ってたっけ?なんてちょこっと聞くことも可能です。

私たちの会計ソフトは、ネット上で動きます。もちろん、仕訳データのダウンロードも可能です(CSV形式)。

About Us

みなと国際会計事務所
千代田区麹町3-4-3-202
電話番号:03-3556-9111

事務所代表のブログもありますので、見てください。